どんな財産が相続財産になるの?

遺産相続のいろは

どんな財産が相続財産になるの?

遺産相続の際には、相続財産の配分内容について話し合うことが必要です。
ではその話し合いの際に対象となる相続財産とは、何でしょうか。
どのよう財産が相続財産になるのか、分かっているようで、きちんと理解していない方も多いと思います。
この記事では相続財産の種類についてお話します。

相続財産には大きく分けて2つの種類があります。
それは、プラスの財産とマイナスの財産です。

プラスの財産には金融資産と、不動産、その他の財産があります。
金融資産は、銀行や証券会社など、金融機関との取引や、手許の現金などです。
具体的には預貯金や株式、投資信託といったような資産ですね。
不動産は、土地や建物、また借地権や地上権といったような権利も、相続財産となります。
その他にも、貴金属などの動産や、ゴルフ会員権、電話加入権なども相続財産となるので、ご注意ください。

マイナスの財産とは、借金や、未払いの税金、未払いの医療費といったような財産です。
被相続人が清算していない債務があれば、その支払い債務を相続人が引き継ぐことになります。
マイナスの財産が多い場合には、限定承認や相続放棄することも検討しなければなりません。
相続が発生した際には、まずマイナスの財産がどれくらいあるのか確認することが必要です。

また、相続財産にあたらない財産についてもお話します。
死亡保険金や死亡退職金は、所謂「みなし相続財産」とされ、遺産分割協議の対象財産にはなりません。
死亡保険金や死亡退職金は、相続発生前から受取人が決まっています。
そのため、相続人固有の財産とみなされ、分割協議の対象財産とならないのです。
また、これらの財産は民法上の相続財産には当たらず、分割協議の対象財産にはなりませんが、税法上の相続財産になります。
相続税を計算する際には、各種控除はありますが、死亡保険金や死亡退職金も含めて計算されるので、ご注意ください。

いかがでしたか。
相続財産にも色々な種類があるということがお分かりいただけたかと思います。
今一度、ご自身の財産内容を棚卸していただき、ご自身の相続の際の問題点について考えてみてはいかがでしょうか。