遺産相続での弁護士の役割とは?

遺産相続のいろは

遺産相続での弁護士の役割とは?

遺産相続について悩み、誰かプロに相談しようと考えたとき、まず初めに思い浮かぶのが弁護士ですよね。
でも、弁護士って具体的には何をしてくれるのでしょうか。
この記事では遺産相続での弁護士の役割についてお話します。

遺産相続では弁護士しか行えない業務と、弁護士も行えるが他の専門家でも行えること、そして他の専門家しか行えない業務があります。
弁護士しか行えないのは、紛争の調停です。
相続財産の配分内容が決まらず、「相続」が所謂「争続」になったとき、代理人として間に入って交渉できるのは弁護士だけです。
司法書士や行政書士は紛争の調停を行うことはできないのです。
こういったトラブルを抱えたときは、まず弁護士に相談しましょう。

弁護士も行えるが他の専門家でも行えるのは、どんなことでしょう。
それは相続人の確定、相続財産の調査、遺産分割協議書の作成などです。
このような業務は司法書士や行政書士、税理士も行うことができます。

また、弁護士にはできない業務があります。
それは相続登記と相続税の申告です。
相続登記は司法書士、相続税の申告は税理士の業務です。
相続登記については、一応弁護士も出来ますが、実際に登記の実務の経験のある弁護士はほとんどいないでしょう。
相続登記と相続税の申告は、きちんとそれぞれの専門家に依頼しましょう。

相続について、誰に相談したらいいかわからないから、とりあえず弁護士に相談してみようという方も多いと思います。
しかし、相続についてはそれぞれの専門家がいて、弁護士に相談しても解決しないこともあるのです。
ご自身の悩みを確認して、各専門家に相談することで、無駄な時間を減らすことができます。
どうぞこの記事を参考に、ご自身の抱える問題が本当に弁護士に相談すべきことなのか考えてみてください。