遺産相続でよく出てくるあのワード・・・その意味って?

遺産相続のいろは

遺産相続でよく出てくるあのワード・・・その意味って?

遺産相続は、人生で何度も経験することではなく、わからないことが多いですよね。
そんな遺産相続について、よく不明点として挙がる「法定相続分」と「遺留分」について、お話します。

よく聞く「法定相続分」と「遺留分」とは何でしょう。
法定相続分とは、民法で定められた相続分です。
民法では法定相続人が定められています。
その法定相続人が相続する取り分が、法定相続分です。
では遺留分とは何でしょう。
遺留分は民法で定められた、法定相続人が絶対もらえる取り分のことです。
こう聞くと、法定相続分と遺留分の違いがはっきりとは分かりませんね。

法定相続分とは、民法で定められた相続人の取り分です。
しかし、この取り分は必ず守らなければならないものではありません。
法定相続分は、配分を決める際の目安ですが、相続人全員の合意があれば、法定相続分通りに財産を配分する必要はありません。

遺留分は、法定相続人が絶対もらえる取り分とお話しました。
これは、例えば相続人に不利益な配分の遺言書があった場合、相続人は遺留分を主張することができます。
遺言書が残されていた場合、その遺言書の配分内容が法定相続分に則った配分でなくても、相続人はそれに異議を唱えることはできません。
しかし、遺留分を侵害していた場合には、遺留分の財産の取得を主張することができます。

この法定相続分と、遺留分は家族構成等によって異なり、それぞれ民法できちんと定められています。
少し複雑なので、ご自身の家族構成と一度照らし合わせてみてください。
また、家族構成によっては遺留分の主張をできない法定相続人もいるので、ご注意ください。

遺産相続では法的な専門知識が多く必要となります。
ご不明な点があれば、一度専門家への相談を検討してみてはいかがでしょうか。